知らない人も意外と多い! 抗生物質は腸内フローラの敵!?

抗生物質

抗生物質の服用は腸内フローラが心配

だれしも、ケガをしたり体調を崩したりすると、薬のお世話になることがありますよね。その薬のひとつに、「抗生物質」があります。抗生物質は、その名の通り、細菌の活動を抑える薬です。つまり、抗生物質を飲むと、細菌の集まりである、腸内フローラにも影響をおよぼしてしまうのです。

抗生物質を飲むと、腸内フローラの菌も活動を抑えられ、腸内フローラの善玉菌と悪玉菌のバランスが、崩れやすくなってしまいます。抗生物質を飲むときの、副作用のひとつに下痢があげられますが、これは、抗生物質が腸内フローラのバランスを崩してしまうことによって引き起こされる、症状のひとつです。みなさんも抗生物質を飲んだときに、心当たりがありませんか?

腸内フローラへのダメージをおさえたい!

せっかく菌トレをしているのに、ケガや病気で抗生物質を服用せざるを得ないとき、腸内フローラへの影響を、最小限にとどめるにはどうしたらよいのでしょうか。

まずは医師に相談してみましょう

処方される抗生物質の種類によりますが、抗生物質による腸内環境への影響を抑えるための手段に、“「耐性乳酸菌」を一緒に処方してもらう”という方法があります。一般的な乳酸菌製剤は、抗生物質によって活動を抑えられてしまうものが多いのですが、耐性乳酸菌は、抗生物質を投与されていても、腸内で増えることのできる乳酸菌です。

ですので、抗生物質が処方された際には、一緒に抗生物質に耐えられる、耐性乳酸菌製剤を処方していただけないかを、相談してみるのもひとつの手です。お腹が弱い方や便秘がちな方などは、そのことを医師に伝えてみましょう。

耐性乳酸菌には、商品名ビオフェルミンR、レベニンなどがありますが、ドラッグストアでは購入できない医療用医薬品で、医師による処方せんがないと服薬できません。また、抗生物質や化学療法剤が処方されたときにだけ、使用できるという特徴があります。

整腸剤を服用するのもひとつの手!

抗生物質の使用によって下痢を起こしているときは、医師に相談するのがよいのですが、抗生物質の投与期間が短く、それほど下痢の程度もひどくないときは、市販されている整腸剤やサプリメントで代用することもできます。

通常、抗生物質を服用後の腸内細菌のバランスを整えるには、乳酸菌製剤、酪酸菌の整腸剤で経過をみるのが一般的です。もし、ドラッグストアで購入するのであれば、薬剤師さんに相談してみましょう。

抗生物質を服用した場合も、あきらめないで!

抗生物質を服用したからといって、腸内フローラの細菌が全滅するわけではありません。最近の研究結果では、抗生物質を1年間服用していた場合でも、活動できる腸内細菌がいることがわかってきています。抗生物質を服用した場合も、並行して菌活を続けることが大切です。

疾病にもよりますが、一般的に、抗生物質の服用期間は、それほど長期間にはおよびません。数日の抗生物質の服用ですから、普段から菌トレを行い、抗生物質に負けない腸内フローラを作っておきましょう。

大切なのは、日頃からの菌トレ!

抗生物質が腸内フローラに与える影響についてご紹介してきましたが、途中で服用をやめてしまうと、耐性菌の出現が問題となります。「腸内フローラのこともあるし、治ったから飲まなくていいかな?」と判断せず、必ず医師から指示された日数分を、きちんと服用しましょう。みなさんも日頃から菌トレを行って、抗生物質に負けない腸内フローラを育てていってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
抗生物質

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事