ダイエットの効果が出ない人必見! 有用菌の力で成果を出す方法

11_kintore

ダイエットで効果が出ないのは腸内環境のせいかも?

ダイエットするためには、カロリーを摂り過ぎないこと、そして、適度な運動が必要です。体についてしまった余分な脂肪を落とすのに、効果的なのが有酸素運動。しかし、ウォーキングや、ダイエットエクササイズなどを取り入れてみても効果が上がらないのであれば、もしかすると腸内環境に問題があるのかもしれません。みなさんの腸内環境は、大丈夫ですか?

腸内環境が悪いと、代謝がアップしない!

腸内には健康にいい効果をもたらす有用菌と、悪い効果をもたらす有害菌、そして、普段の影響はないものの、体の免疫力が下がったときに悪さをする日和見菌が住んでいます。なにかしらの原因によって、有害菌が増えると腸の動きが悪くなり、便秘がちになってしまいます。そうなると、食べかすが腐り、腸内に腐敗ガスが充満して、その毒素が腸から吸収されることになるのです。

この毒素は内臓の機能全体を落とし、吹き出物や口臭などの原因になります。それだけでなく、ダイエットに欠かせない体の代謝も落としてしまうため、ダイエットの効果も出にくくなくなるのです。つまり、逆に考えると、腸内環境を改善すれば、ダイエットの効果が出やすくなるというわけです。今回は、有用菌がたくさん詰まった食品をピックアップしておりますので、みなさんも有用菌の力を借りて、効率よくダイエットしてくださいね!

有用菌の力がたっぷり! きのこはダイエットの強い味方!

有用菌の力を最大限に引き出すには、有用菌を腸内に送り込むだけではなく、腸内の有用菌を増やさなければなりません。そこで積極的に摂って欲しいのが水溶性食物繊維を多く含む食品です。その中でもおススメなのがきのこ。きのこには、有用菌のエサとなる、食物繊維がたっぷり含まれているうえに低カロリーです。お値段もリーズナブルなのでぜひ取り入れてみましょう。

食べる点滴! 甘酒の麹菌で腸内環境を改善

味噌や醤油など、昔から日本で食べられてきた発酵食品には、麹菌が多く含まれています。麹菌には、食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌が多く含まれているので、腸内環境の向上に最適です。でんぷんを分解して、有用菌のエサとなるオリゴ糖を作る働きもあり、消化や代謝をサポートする酵素も含んでいます。

麹菌はさまざまな発酵食品に含まれていますが、その中でもおすすめなのが、米麹からできている甘酒です。甘酒は「食べる点滴」と呼ばれるほど、栄養も豊富。有用菌を増やし、腸内環境を整えてくれますよ。

他にもある! 腸内環境を改善する食品

ヨーグルトや乳酸菌飲料をはじめ、キムチ、糠漬け、味噌、納豆、チーズなどの発酵食品も、有用菌を含んでいます。とくに納豆には、有用菌を増やすだけでなく有害菌を殺す働きもあるので、腸内環境アップにはうってつけです。

そして、有用菌のエサとなるのは、先程紹介した水溶性食物繊維とオリゴ糖です。オリゴ糖を含むのは、バナナ、大豆、はちみつ、玉ねぎ、サトウキビ、キャベツなど、水溶性食物繊維を含むのは、アボカド、オクラ、山芋、あしたばなどです。積極的に取り入れて有用菌を増やしましょう!

ダイエットを成功させるために有用菌の力を!

せっかく決意してダイエットに取り組むのであれば、できるだけ早く効果を出したいですよね。ダイエットと腸内環境は大きく関係しているので、有用菌を取り入れてダイエットの効果を高めていってくださいね。有用菌の力を借りて、ダイエットの成功を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11_kintore

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事