• TOP
  • 腸活あれこれ
  • おしっこを出したいとき、何時間前に水分摂取をしたらいいのか?

おしっこを出したいとき、何時間前に水分摂取をしたらいいのか?

健康診断で尿検査があるとき、どうしてもおしっこが出なくて困った経験はありませんか? または、水分を摂りすぎて検査の直前でトイレに行きたくなってしまった…なんてこともあるかもしれません。

排せつに関する悩みはなかなか人には話しづらいもの。タイミングよくおしっこを出すには、どのくらい前に水分摂取をすればいいのかを知っておくと便利かもしれません。

おしっこの「材料」は血液中の余分な水分と何?

おしっこを出したいとき、何時間前に水分摂取をしたらいいのか?

私たちの体から排出されるおしっこは、何からできているのかを改めて知ることから始めましょう。飲み物や食べ物を口にすることで体内に入った栄養や水分は、主に小腸や大腸で吸収され、血液と一緒に全身をめぐり細胞の活動に利用されます。

細胞が活動した結果、老廃物が発生し、それらは腎動脈という血管を経由して血流として腎臓に運ばれます。腎臓で体に不要なものが仕分けされ、血液内の余分な水分や不要な老廃物は膀胱へと送られ、尿として排出されます。おしっこの成分のうち95%が水分で、残りの5%が固形物です。そのなかでもっとも多いのが食べ物から摂取されたり、体を構成しているものが分解されたりしたたんぱく質に由来した尿素で約2%を占めます。

腎臓が作る「原尿」は1日150リットルにも!

おしっこを出したいとき、何時間前に水分摂取をしたらいいのか?

次に、腎臓の働きをもう少し詳しく解説していきましょう。前述したように口から入った栄養や水分は、胃、腸を通り吸収されて利用されたあと、血液とともに血流として全身をめぐり、その過程で腎臓へと至り、ろ過されます。

腎臓に入ってきた血液は、血液中のごみ処理場のような役割を持つ「糸球体」に流れ込み、そこで老廃物と不要な水分とに分けられます。その老廃物と不要な水分が、尿の原料「原尿」となります。

この原尿は、健康な人で一日に150リットルも作られるのですが、それがすべて尿になるわけではありません。99%は体内でリサイクルされて、再び必要な水分として吸収されるのだそうです。尿の再利用を担うのが、腎臓内にある「尿細管」です。「糸球体」で老廃物や不要な水分に分けられますが、栄養素やさまざまな電解質など体に必要な成分がまだ含まれているのです。それらを再吸収して体内の水分量を一定に保ったり、電解質のバランスを調節したりして、体内が弱アルカリ性の状態になるよう調整するのに使われています。

最終的には「原尿」のわずか1%の水分や老廃物のみが、その後、尿管、膀胱、尿道を通り尿として体外に排出されます。つまり、口から飲んだ水がすぐにそのまま膀胱を通って排出される、というわけではありません。

ちなみに、コーヒーなどに含まれるカフェインには毛細血管の塊である「糸球体」の血管を広げる働きがあるといわれています。血管を広げることで流れる血液量が増え、腎臓でろ過される尿の量も増えるという仕組みなのだとか。よく言われる「コーヒーの利尿作用」には、このような理由があったのです。

尿検査をするときは“3時間前に水分摂取”が正解?

おしっこを出したいとき、何時間前に水分摂取をしたらいいのか?

水分がどのようなルートをめぐりおしっこになるのか分かりました。では、飲み物を飲んでからどのくらいでおしっこは出るのでしょうか?

体重から算出した量の水を一気に飲み、その後1時間毎に排尿をさせて尿量を調べた研究によると、飲んだ水分が尿になった割合の平均値は1時間後で16.5%、2時間後で58.9%、3時間後には79.4%、6時間後で98.8%というデータがあります。

性別や年齢、体重、体調、季節によって異なりますが、おおよその目安として「3時間後には摂取した水分のうちの約80%が尿に変化している」と考えられます。

尿検査の時間が分かっているときは、その3時間ほど前に水分を多めに飲むと効率よく採尿ができそうですね。尿検査のときに限って緊張して尿がでないとお困りの方は、参考にしてみてください。また6時間経過すると、摂取した水分のほとんどは尿となっていると見られますので、朝に採尿する場合は睡眠前に水分を摂取しておくといいでしょう。

どうしても尿検査で出ない場合は一度病院に相談してみるのも手段のひとつ

おしっこを出したいとき、何時間前に水分摂取をしたらいいのか?

そうはいっても、おしっこを出すことだけを意識して過度に水分を摂りすぎると、体調を崩してしまう原因にもなりかねません。無理をせずに家から出る前に軽く水などを飲むくらいでいいかもしれません。

また、「尿検査」という環境でどうしても出せない人もいます。病院によっては在宅での検尿を許可してくれる所もあるので、相談してみるのもいいかもしれませんね。

【参考文献】
「腎臓の病気について調べる 1.腎臓の構造と働き」(日本腎臓学会WEBサイト)
「あなたの健康百科 1章 おしっこの作られ方と役割」(メディカルトリビューンWEBサイト)

RECOMMEND
おすすめ記事
pagetop