《専門家監修》朝食欲がない、夜遅い時間に食事をしている ダラダラ腸のセルフチェックと対処法

2017.08.07

ダラダラ腸度をセルフチェック!

「ポッコリおなか」といっても、原因やタイプはさまざまです。胃からおへその周りがポン! と硬く張っている方は、食べ過ぎや夜遅い時間にとる食事などが原因で胃腸に負担がかかっている「ダラダラ腸」の可能性があります。

以下のテストであなたのダラダラ腸度を確認してみましょう。

□夜中まで起きていることが多い
□不規則な生活をしていると思う
□夜遅くまで何か食べてしまう
□食事のときにあまりかまない
□朝起きたときに胃もたれ感がある
□朝食を食べないことが多い
□肌が荒れやすく、吹き出物ができる
□どちらかというと早食いだと思う
□少し食べただけでおなかが苦しくなる
□最近、排便の量が減ってきた
※5個以上当てはまる方は、ダラダラ腸の傾向があります。

ダラダラ腸の原因

夜更かしする人に多いタイプです。夜は胃の動きが弱くなります。夜遅い時間に食事をすると、寝ている間に腸を掃除する動きが起こりづらくなり、消化不良を招きます。

また、朝食や昼食を抜く習慣がある人は、夜食べ過ぎる傾向にあります。結果的に、胃腸に負担をかけることになってしまうのです。

<食事のポイント>

・夕方遅くても就寝の3時間前に、夕食を済ませましょう。
・夜遅い時間の食事は、消化のよい物を腹5分目にしましょう。

【おすすめメニュー】
おかゆ、くず粉、米麹甘酒、煮込み、スープ、豆腐、卵など

<生活のポイント>

・週に2~3日は、0時間前に寝る
・朝起きて朝日を浴びる
・寝るときはカーテンを少し開けておき、朝の光が入るようにしておく

【おすすめケア】
胃腸を休ませるために、週末にプチ断食をするのもいいですよ。持病がある方や妊娠中の方は、医師と相談の上、行ってください。

週末プチ断食の方法
・前夜
休日の前日は夕食を抜いてみる。またはスープを食べる
・休日
朝食:スープや米麹甘酒など水分だけを摂取する
昼食:おかゆと具沢山みそ汁
夕食:普通の食事を腹八分目
※翌朝おなかが空いて、朝食が食べられるようにしましょう。

疲れたおなかを活性化する腸マッサージ

手軽にできるマッサージで、外側から胃腸にはたらきかけましょう。

<基本の腸マッサージ>

基本となる腸マッサージは、「食事を減らすのはNG? ポッコリおなかを解消する方法」でもご紹介した方法です。仰向けに寝て足を肩幅に開くほか、イスに座って行ってもOKです。

まずは、右手でおへそのまわりに円を描きます(計5回)。このとき、左手は右手にそっと添えるくらいのイメージで。次に、右肋骨の下あたり、左の肋骨の下をそれぞれ上から下へ3回ずつなでおろします。右の腰骨あたりに手を添えたら、下がっている腸を正しい位置に戻すイメージで強めになであげます。右、真ん中、左の順に3回ずつ行いましょう。

<腸はさみマッサージ>

朝食欲がない、夜遅い時間に食事をしている ダラダラ腸のセルフチェックと対処法

1.イスに座り背すじをのばす

2.胃のあたりを両手のひらではさみ、5秒間キープ

3.おへそのあたり両手のひらではさみ、5秒間キープ

4.下腹を両手のひらではさみ、5秒間キープ
※上記を1セットとして3回繰り返す
※呼吸は自然に行う

生活習慣の見直しをしながら適度にマッサージも取り入れて、ダラダラ腸にアプローチしてくださいね。

この記事を監修してくれた方

author image

齊藤 早苗

コロンハイドロセラピスト・インナー美人アドバイザー
看護師として大学病院などに勤務。2000年、米国で腸内洗浄の研修を受け、8000人以上のガンコな便秘やポッコリおなかに悩む女性に、腸内洗浄(コロンハイドロセラピー)を行う。現在、対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座(http://www.腸内洗浄クリニック.com)にて現職。また、腸の健康推進や腸もみマッサージ指導などの啓発活動として、セミナーや講演、TVや各種雑誌の取材などにも応じる。日経ヘルスで連載した「おなかのきもち」は大好評にて8年間の長期連載記録を樹立。「美女になる腸トレ」(小学館)・「美腸やせ」(主婦と生活社)など著書多数。早稲田大学卒。国際コロンハイドロセラピー協会会員。日本抗加齢学会会員。
齊藤早苗公式サイトhttp://www.saito-sanae.com/

pagetop