• TOP
  • ナレッジ
  • 腸内フローラは千差万別! 乳酸菌の効果が感じられないときにはどうすればいい?

腸内フローラは千差万別! 乳酸菌の効果が感じられないときにはどうすればいい?

乳酸菌を摂っているのに…効果が実感できないのはなぜ?

乳酸菌が含まれる食品には、整腸作用や肌の改善など、さまざまな効果をうたっているものが多くあります。しかし、いざ試してみても、「あまり効果が感じられない」と思ったことはありませんか。

それは、摂取の仕方や試している乳酸菌の種類に原因がある場合が考えられます。

乳酸菌と腸内フローラには「相性」がある!

人の腸内では、有用菌と有害菌、日和見菌がバランスをとりながら生息しています。菌の生態系は一人ひとりバランスが異なり、指紋のように、誰一人として同じ腸内フローラは存在しないといわれています。

つまり腸内フローラの状態の良し悪しを判断することはできても、腸内フローラそのものは千差万別。個人によって、合う乳酸菌と合わない乳酸菌を客観的に判断するのは、非常に難しいといえます。

さらに、乳酸菌と一言でいっても、その種類は600種以上! おおまかにわけると3つに区分されます。

・植物性乳酸菌(ペディオコッカス属)

植物に含まれる栄養素を分解して乳酸を作り出す乳酸菌のこと。味噌や醤油、キムチなどに含まれています。

胃酸に強い傾向があるため、死滅しにくく、生きたまま腸内へ届くことが期待できます。

・動物性乳酸菌(ラクトコッカス属)

ヨーグルトやチーズなど、乳に含まれる乳糖を分解して乳酸を作り出す乳酸菌のことです。動物性乳酸菌と比較して胃酸弱い菌なので、腸へ届く前に死滅してしまうことが多いといわれています。

死滅したあとも腸内で有用菌のエサとなるため、摂取が無駄になることはありません。

・腸管系乳酸菌

植物性乳酸菌のなかでも、近年新型乳酸菌として注目されています。もともと体内に生息している乳酸菌なので、定着しやすいとされ注目されています。

目的と体の声を観察してみる!

種類が豊富な乳酸菌ですが、分類は同じでも、菌のそれぞれ持つ機能は異なります。

また食品などに使われる新種の乳酸菌の中には、過酷な環境で培養することで、細胞壁を厚くしたり、効果を高めたりする作りにしているものもあります。

そのため、相性のよい乳酸菌を見つけるには、目的別に適した乳酸菌を選び、そして一定期間摂取し、体の変化をみていくことが大切です。

自分に菌が合うかの判断は、最低でも1週間は同じ乳酸菌を摂取し、体の変化を確認しましょう。食べてすぐに実感がないからと、摂取する菌をコロコロ変えてしまうと、効果は感じることができないのです。

また体の変化だけでなく、腸内フローラの状態をより良くしたいなら、約1ヶ月ほどの時間が必要といわれています。その期間は同じ菌種を取り続けて変化を待ち、変化が感じられなければ、新しい乳酸菌を試してみる…これを繰り返しおこない、体調の変化に気を配ります。

1カ月続けると聞いて、気が遠くなった人もいるかもしれません。しかし、腸内フローラの状態を変えるためには、継続がカギなのです。

まずは1週間、良さそうならさらに1ヶ月。毎日コツコツ摂取して、自分にあった乳酸菌を見つけましょう。

【参考】
「~うれしいお肌、ずっと続く~ ウレハダ」
ヨーグルトにも相性が。自分に合う乳酸菌の見つけ方
日経ヘルス 6月号(日経BP社)
徹底解明 チョコレートに、サラダに、グラタンにまで!!「乳酸菌入り食品」のひみつ
日経おとなのOFF 特別編集「おとなの快腸生活 」(日経ホームマガジン)
目的別 乳酸菌ガイド48

pagetop