• TOP
  • ナレッジ
  • 本屋に行くとトイレに行きたくなる!? その理由とは

本屋に行くとトイレに行きたくなる!? その理由とは

本屋さんに行ったり、立ち読みをしたりしていると、急にお腹が痛くなったり便意を催したりすることがありますよね。科学的に解明されているわけではありませんが、こういった症状は「青木まり子現象」という名前までついている不思議な現象です。一体何が便意を催す原因となっているのでしょうか?

なぜ「青木まり子現象」というの?

1985年に「本の雑誌」という雑誌に、「理由は不明だが、2、3年前から書店に行くたびに便意を催すようになった」という内容の読者からの体験談が届きました。この体験談を掲載した号が発行された後、同様の悩みを抱える意見が多く編集部に届いたそうです。
これ以降、本屋に行くと便意を催すという現象が注目を浴びるようになったそうで、この最初の投稿者が、青木まり子さんという方だったことから、この現象は「青木まり子現象」と名付けられたようです。

「こんなものは気のせい!」「都市伝説だ」という意見もありますが、ニュースサイトなどの調査では、50%近くの方がこの現象の経験があるようです。
一体どのようにしてこの現象が起こっているのでしょう。この現象のメカニズムは科学的には解明されていませんが、いくつかの仮説がありますのでご紹介します。

仮説1:インクや紙のにおいが便意を誘う

本に使われているインクや紙に含まれている化学物質やにおいが、脳に刺激をあたえて、便意を催したり、腸のぜんどう運動を活発にしているという説です。
新品の本やハードカバーの中には、特有のにおいがするものがあります。本を多く取り扱っている本屋ではこの現象が起きやすい方は、このにおいが便意の原因につながっている可能性があります。
また、本の紙のにおいが、トイレットペーパーを連想させているのだろうとの説もあります。

仮説2:本のプレッシャーが便意を催す

本が好きな方にとって、本屋は天国のような空間です。しかし世の中には、本が苦手な方も多く、そのような人にとっては、本の存在がプレッシャーになることがあります。数多く並んだ本を目の前にしたことで、無意識にプレッシャーを感じ、それに腸が反応して便意を催すという説です。
本が苦手で本屋に行くとお便意を感じる方は、この可能性が考えられます。

仮説3:本屋の空間が便意を催す

本屋という日常にはない特別な空間にいることで、便意を催すという説です。狭くて本に囲まれた空間がストレスを感じだけでなく、本屋という場所はすぐにトイレに行けないという意識が、便意を促している可能性があります。
逆に、本に囲まれてリラックスしすぎることで便意を催すという説もあります。本が好きな方はこちらが当てはまるかもしれませんね。

仮説4:条件反射

梅干をみると唾が出てくるように、本屋に行くと条件反射で便意を催すという説です。これは、過去に便意を催した経験が強く脳に残っている場合に起こると考えられます。

ご自身に当てはまる説はありましたか?いずれの説も、まだ科学的には証明されていない仮説の段階です。青木まり子現象の経験がある方は、次に本屋に行ったときに、においや空間を意識してみると面白いかもしれません。

(文/日髙宗明)

【参考】
ついに便秘解消!? 「本屋でトイレに行きたくなるワケ」徹底解明
「青木まり子現象」をいま振り返る、『活字探偵団 増補版』、本の雑誌編集部(編)、角川書店、2000
【本屋で「大」】「青木まりこ現象」って何?経験者は5割も

pagetop