冷えによる腹痛の原因と対処法

女性に多いとされる「冷え」は、何らかの理由により冷たく感じる部位の毛細血管が収縮して血行が悪くなり、冷たく感じる現象です。冷えによって引き起こされる一つに腹痛があげられます。冷えからくる腹痛の原因と対処法について解説します。

腹痛をもたらす冷えの原因

冷えによる腹痛の原因と対処法

外気温が寒くなると血管は収縮して、体から熱が逃げていくのを防ぎます。しかし、防寒のために服を着込んだり暖房の効いた部屋にいても、血管が収縮したままで体が冷えるのが「冷え」です。その原因はさまざまで、身体の状態や、生活様式や食生活などによって引き起こされると考えられています。中でも食生活との関連では、不規則な食事や偏食、過食が冷えをもたらすとの報告もあります。

冷えや冷え症は厳密には病気ではありません。東洋医学では冷え体質を「冷え性」と呼び、「冷え症」は体外の温度の低下や冷たい飲料や食品の摂りすぎで冷えが現れたものを指し、改善が必要としています。

冷えによる腹痛の原因と対処法

冷えのタイプにもさまざまあり、下半身が冷えるタイプ、手先足先が冷えるタイプ、全身が冷えるタイプ、内臓が冷えるタイプなど、人によって冷えを感じる部位も異なります。冷えによって生じる腹痛はどのように起こるのでしょうか。

冷えから来る腹痛のメカニズム

冷えによる腹痛の原因と対処法

血液は体内の臓器や組織に酸素と栄養を届けるとともに、二酸化炭素や老廃物を臓器などから受け取る役割を担っています。さらに、熱を臓器や体の末端へと届け、体温を保つ働きもあります。腸への血流が滞ると動きが悪くなり、働きも低下してしまいます。

下腹部が冷たく感じるタイプの冷えでは、内臓が冷えると消化不良や便通異常を起こしやすくなり、おなかがゆるくなることで腹痛を生じるケースがあります。

おなかの冷えで起こるその他の症状

腹部の冷えが影響を与えるのは、胃腸だけではありません。女性に特有の症状にも影響を与えます。

妊婦は特には冷えに悩まされやすい

血流や体温調整をつかさどる自律神経の乱れによっても冷えは起こります。特に、妊娠によってホルモンバランスが崩れる妊婦は自律神経の働きが乱れやすく、冷えに悩まされる人が多くなります。

おなかの冷えで生理痛の悪化も

生理中はホルモンの分泌によって血管が収縮するため、体は冷えやすくなります。生理が始まると体温が下がるのはそのためです。さらに体の血行不良による冷えが重なると、子宮の収縮が強くなり生理痛を強く感じるようになります。

おなかの冷えへの対策

腹痛をはじめ、さまざまな影響をもたらすおなかの冷え。その対策は体の内側・外側から温めることです。

体の内側から温める①:温かい食べ物・飲み物をとる

冷えによる腹痛の原因と対処法

冷たい水を飲むことで、胃や腸を刺激してぜん動運動を促す作用もありますが、冷えに悩む人にとっては胃や腸を直接冷やしてしまい、血管を収縮させてしまい胃腸の働きも鈍くなってしまう可能性があります。冷たい水やお茶よりも白湯や温かいお茶を選んだり、お店でペットボトルを買うときも常温の飲料を選ぶ方が胃腸の冷え対策にはよい選択です。

体を温める作用のある香味野菜を摂るのもオススメです。生姜やねぎ、にんにくなどを使った根菜たっぷりのスープは体を温めと同時に、腸内環境を整える食物繊維も摂取できます。

体の内側から温める②:運動やマッサージで血流を改善する

冷えによる腹痛の原因と対処法

腸の冷えと不調を改善するには、血流を促進して腸の動きを整えることが大切です。冷えを感じるおなか周りの筋肉を動かす腹筋運動やおなかを「の」の字になでるマッサージを中心に、ウオーキングや水泳、ヨガといった全身の筋肉を動かす運動を習慣に取り入れましょう。

体の外側から温める①:ゆっくり入浴や、お灸・カイロで温める

冷えによる腹痛の原因と対処法

入浴もまた、腸の血行改善効果が期待できます。お湯につかって皮膚が外側から温められると、収縮していた毛細血管が広がり血流が増えるためです。37℃〜39℃のお湯に10分以上入ると手足の先まで温まり、緊張がほぐれて副交感神経が優位になります。副交感神経が優位になると腸のぜん動運動が活発化し、腸の動きもよくなります。

入浴以外では、腸の働きを整え、冷えに効果のあるツボを刺激したり、お灸やカイロで温めると、じんわりとした熱の刺激が体をリラックスさせてくれます。腸の働きを整えるツボには、上腹部のへその中央から、外側に指三本分の幅の位置にある「天枢(てんすう)」や、天枢から外側に指一本分離れた「大横(だいおう)」があります。お風呂に入りながら親指を使ってゆっくりと指圧したり、眠る前にお灸や貼るカイロで温めてから布団に入ったりして、意識して腸を温めましょう。ストレス解消にも効果的です。

体の外側から温める②:薄着や締め付けの強い下着などを避ける

冷えによる腹痛の原因と対処法

体温の低下を防ぐためになるべく薄着は避け、腕や肩を露出しない長袖や、腹巻き・手袋などを着用して体温調整を心がけましょう。冬はもちろん、夏でもエアコンや扇風機の風が直接当たらないようにするのが大切です。

また、締め付けの強いストッキングや下着を着用し続けていると、動脈やリンパ管を圧迫して血液の巡りが悪くなり体の冷えにつながります。なるべく締め付けの少ない衣類を着用する時間を増やして、血液を流れやすくすることで冷えを予防しましょう。

まとめ

体の冷えやおなかの冷えから来る腹痛は、血行不良による腸の働きの乱れから起こります。おなかを内側から、外側から温めると、腸の血行も改善しともなって腸の動きも活発になります。冬だけでなく夏場でも冷房や冷たい食べ物・飲み物の摂りすぎで体を冷やしてしまいがちですので、季節を問わず体の冷えを感じたら、積極的におなかを温めるように心がけましょう。

【参考文献】
山王丸靖子・秋山隆・沼尻幸彦・寺尾哲・和田政裕「若年女性の冷えと食および生活習慣との関連」(日本食生活学会『日本食生活学会誌』第26巻 第4号 2016年)

pagetop